« がんばった。はりきった。やっちゃった。 | トップページ | FREE HAND 魔道書 »

2009年6月29日 (月)

火竜のリズム

ほんとはずっと前に、うたたねちょっぷ!




家が全壊しちゃったので、その辺の芝生に
寝転がりながら、日記を書いてる。

遠くで大工さんたちが、とんてんかん☆
って、建て直し中。
なのはさんはというと、やっぱり涼しい顔して
お茶の用意してたり。

ドスンドスン。
寝転がってるボクのところに、地響き立てながら
向かってくる巨獣が一頭。
ボクの身体が、地響きのリズムに合わせて
浮いたり沈んだり。


ずいって日記を覗き込んだのは…

0
ぎゃおー。たーべちゃうぞぉー!

先日火竜に進化した、へびっこ。
火竜の魂を取り込むこと、5回目。
こんなに立派に成長しちゃいました。

途中で魂が足りなくなって、右往左往してる時
友達のティセさんが、いっぱいくれたんだ。

1

そのお陰で、無事に進化。
感謝感謝☆

身体のサイズはともかく、翼が大きい…
とっても大きい…
なので、敵のターゲットの取り方とか
ちょっと工夫することにした。

もっと成長すると、今度はフレイムソウルっていう
火の魂にも変化できるんだって。
これからの季節に、ぴったり。

そんなことを考えてると、お茶の支度が
整ったみたい。
なのはさんが呼んでる。

はーい。って返事して、もそもそと
火竜の背中によじよじ登る。
鱗が冷たくて気持ちいい…


ドスンドスン。
歩くリズムに合わせて、ボクの身体が
浮いたり沈んだり。

« がんばった。はりきった。やっちゃった。 | トップページ | FREE HAND 魔道書 »

MoEな出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218324/45465178

この記事へのトラックバック一覧です: 火竜のリズム:

« がんばった。はりきった。やっちゃった。 | トップページ | FREE HAND 魔道書 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック